菅島灯台

第四回『鳥羽の灯台巡り』
20014/13(金)〜14(土)


大王埼灯台

第4回灯台ツアーは関東組と関西組のちょうど中間地点である
三重県・鳥羽の灯台巡りとなりました。
参加者はリーダーの灯台太郎さんをはじめ、
元灯台守の渡辺さんご夫妻、犬吠埼ブラントン会の仲田さん、
日本の灯台を撮りつづけライトハウスというホームページまでお持ちのlighthouseさんご夫妻、
アメリカの灯台を撮り続けている三野さんという類まれなる灯台好きメンバー!
今回はわたくしこと管理者2アキッチのアメリカ・ライトハウスデポ社へ栄転?
の歓送会という名目でお集まりいただきました。


●おおまかなスケジュール●

4月13日 
午前11時頃

名古屋、ホテルキャッスルプラザロビーに集合。
午前11時45分頃 若鯱家(わかしゃちや)にて名古屋名物カレーうどんの昼食
午後12時30分頃 出発、一路大王埼灯台へ
午後2時頃 大王埼灯台訪問
午後4時頃 安乗埼灯台訪問
午後5時頃 鳥羽、泉郷プラザホテルにチェックイン
午後7時頃 夕食会兼歓送会そして“のめやうたえ”

4月14日
午前9時頃

朝食後出発
午前10時頃 菅島灯台訪問
午前11時頃 伊勢神宮訪問
12時頃 伊勢、おかげ横丁のすし久にて、名物てこね寿司の昼食
午後1時頃 出発
午後3時頃 名古屋駅到着、解散

大王埼灯台

みんなで記念撮影
今回のツアーでは、なんと読売新聞社から我々を取材したいとの依頼が!
記者の方と大王埼灯台で落ち合う約束を交わしたものの、、、、
スケジュールがずれにずれこんで記者さまは大王埼灯台で何時間も待ちぼうけ。
我々が到着した頃は、灯台の門も半分閉まりかけてました。
しかし、さすがはベテラン記者!嫌な顔ひとつせず、
取材をすませ、我々のカメラでの
記念撮影まで引き受けてくださったり、
そして次なる目的地、安乗埼灯台まで導いてくださいました。
そして、我々はちゃっかり、4月15日の読売新聞(三重県の地域ニュース)
の紙面に登場!見出しは『灯台訪ね岬巡り〜志摩半島愛好家ら8人感激』
いい記念になりました!


全体を撮るのは難しい!

灯台中心部

灯台内の窓

灯台内の窓

灯台さまのお顔?

コスプレじゃありません!


安乗埼灯台
lighthouseさんオススメの安乗埼灯台。
なんとボディは真四角!
周囲は芝生の広がる公園になっており、
風がとっても気持がいい!
こんな所で一日中、ぼ〜っと
していられたらなぁ。。。。。    



菅島灯台
船に乗って菅島へ!
島に着いた途端、目の前には灯台の形をしている学校がありました。
こんなの見たの初めて!とはしゃぎつつ、ここから灯台までは徒歩30分ほど。
天気もよく、潮風に吹かれながらのハイキングとなりました。

灯台までの道のりはかなりの坂道ではありましたが、
かわいい矢印に導かれながらなんとか到着!

菅島灯台の可愛らしさに疲れを忘れて皆さんほのぼの。
周囲は菅島の小学生達が植えた花が綺麗に咲いており、まるで秘密の花園!?
し、しかし、、、、、船の時間が!!!
次の船に乗らないと、伊勢名物てこね寿司が食べられない!?
みんなで来た道を猛スピードで引き返すことに!
全員汗だくになり、なんとか船に乗れました。皆さん、急がせてごめんなさい!



   奥の方に灯台がいるよ
   
      灯台の形をした学校
   

   え、まじですか!

   まるで王冠みたい

   あと少しだ!



おまけ
みなさんは、てこね寿司って食べたことありますか?
これが超美味でございました。しかも腹ぱんぱんになります!
伊勢神宮に向かうまでの道のり、おかげ横丁では
楽しいお土産屋さんやお食事どころがいっぱいあります。
郵便局や自動販売機まで、レトロ調で
この町にしっくりなじんでいました。
そして一番印象深いのは、読売新聞の記者さまをはじめ、
三重県の方々は、人がいい!!
灯台達も穏やかな温かさをもった人々に守られているような気がしました。
そして夜には美しい灯を我々に照らしてくれます。
やっぱり、灯台っていいですね!
次回の灯台ツアーは、、、さてさてどこにしよっかな!!



これがてこね寿司だ!

→第5回灯台ツアーを見る

→Lighthouse Lovers 旅行記のトップに戻る

→トウダイジャーナルのトップに戻る